2016年3月16日水曜日

シブラクありがとうございました。
やるだけやりましたよ。
左談次師匠・松之丞・扇辰師匠が「いじるよ」と言って高座に上がっていき見事に笑いにしてくれたのを見て、芸人愛を感じました。
さすがです。
一人中華屋で紹興酒に浸っております。
来月は新作ネタ下ろし。
苦しみと楽しみの日々へ。

2 件のコメント:

  1. A太郎さんの笑いを待っているよ!

    返信削除
  2. A太郎さんの「芝浜」を聴いて六代目円生の「落語とは、クスリと笑わせるものだ。」という言葉を思い出しました~。

    返信削除