2017年2月14日火曜日

『桃太郎若手一門会』

岐阜のおばあちゃんと、中野の初対面のおばあちゃんに着物を畳んで頂いた、いや畳ませたのは、私A太郎です。

それぞれ個性溢れる畳み方に感謝。

先日は『天使の海老フライ』でお馴染み、大森海岸の『洋食入舟』さんで、第11回お座敷落語会。

会の後、お越し頂いた社長さん達に、株の上げ髭・下げ髭について教わる。

天使の海老フライは下げ髭ですよね。

いつもありがとうございます。

昨日は『桃太郎若手一門会・桃太郎から喜んで全部のきびだんごをもらうA太郎』のチラシ用写真撮影。

私のワガママで、嫌がる師匠と訳もわからず連れて来られた喜太郎・全太郎を連れて、写真スタジオへ。

元メーキャップアーティストのおかみさんにお化粧をしてもらい、A太郎は髭の女子高生、師匠は裕次郎、喜太郎はサラリーマン、全太郎は小5、に扮し撮影。

家族写真を、とお願いしていたので、カメラマンは奇妙な目で髭を見ていた。

撮影終わりに、鯉八・小痴楽と『ラジなり』の打ち合わせ。

女子高生の格好のままで現れた私を見た鯉八くんは『とんでもない変態が来た』と思ったそうだ。

そりゃそうだ。

小痴楽兄さんは、そんな私を優しく受け入れてくれた。

それはそれで問題だ。

帰り道、その格好のまま一人で歩いていたら『住みたい街はどこですか?』というアンケートを受ける。

その人の勇気に心打たれ『ボリビア』と答え、その場を去る。

そして埼京線では痴漢にあう。

その勇気にも心打たれる。

ともかく桃太郎一門会をよろしくお願い致します。

4月14日

お江戸日本橋亭

18時30分開演

前売り2000円 当日2300円

扮装トークあり

ご予約は桃太郎ブログ、A太郎ブログ、喜太郎Twitterにて

1 件のコメント: