2017年1月18日水曜日

三顧の礼。

『三顧の礼』

もちろん皆さんご存知でしょう。

三国志において、諸葛亮孔明を自軍に引き入れるため、劉備玄徳が三度頭を下げたというアレだ。

当然、張飛は「兄じゃ、二度も断りやがったあんなクソ生意気な若造のとこなんて、もう行くことはねぇべな」と言うでしょうよ。

そこで劉備はこう返した。

「張飛、相変わらずお前は馬鹿だな。あんな天才そうそう現れねぇべな」と。

その後、劉備軍に入った孔明の活躍は、言わずもがな。

まさか、それが我が身に起こるなんて。

あっ、我が身のA太郎です。

そして規模は相当小さくなりますが。

無存知アトリエそら豆のあの店長から
「えーちゃん、またウチで独演会やらねぇ?」と恐怖のメールが。

当然「やらねえ」と返す。

なぜ当然なのかは後述。

再び店長から「またまた~、やるべ?」と。

瞬時に「やらねえ」と返す。

みたび「やるべ?」と。

『あっ、これ三顧の礼』と勘違いした私は「うん」と。

ということで、またやります。
いや、やらせて頂きます。

では先程の、当然、の理由を簡単に。

やたら『宣伝しろ』とメールが来る。

開場時間に何一つ準備が出来てない。

早く来たお客さんに会場作りを手伝わせる。

トイレが控え室。

お客さんがトイレに来たら、着替えの途中でも出ないといけない。

お客さんじゃなく店長がトイレに来る場合もある。

壁にチョークでメニューやらが書いてあるので、油断すると着物がカラフルになる。

高座中、店長が店の電話に出るはもちろんのこと、料理をし始めるので、その音と匂いが充満する、は、もちろんのこと、足りなくなった食材を買いに店員が高座の脇を行ったり来たり。

高座中、容赦なく写真を撮る。

終演後、なぞのA太郎弁当とやらを売る。
特に私の好きなおかずや、A太郎にかけた食材などは入ってない。

そんなに私の落語を好きではない。

とまあ、それでも良いぞ馬鹿、という心の広いお客様、是非お越し下さい。

念のために言っておきますが、店長は悪い人ではないのです。
なぜ、私がフォローしなければいけないのか分かりませんが。
良い人が、世の中を良くするわけではない、の例。

よろしくお願い致します。

そして店長は、このブログを決して読まない。

いい加減読んでね。

まあ、あの店長の感覚じゃあA太郎ブログは笑えないだろうけどね。

昔昔亭A太郎落語会@アトリエそら豆IN祖師谷大蔵
2017.3.18(土)
15:30開場、16時開演
一般1500円、学生1000円1ドリンク付き
終演後、打ち上げ(A太郎参加しない可能性あり)、A太郎弁当1500円。
0364110054
atelier_soramame@yhoo.co.jp

1 件のコメント:

  1. A太郎落語会にはそんな裏側があったんだね(笑)

    返信削除